観葉植物(室内用)

毎日の生活空間に少し観葉植物があるだけで、お部屋の雰囲気もずいぶん変わります。


店内には多数陶器鉢カバーとコーディネートしたものを多数展示していますが、お客様のお部屋にあう植物と器を ご予算に合わせてコーディネイトもさせて頂きます。観葉植物はリラクゼーションをもたらすと言われており、ご家庭や飲食店等の店舗、オフィスなどにも好まれますが、開店御祝などギフト用としても大変喜ばれます。


なお植物の種類により適した環境が異なります。お買い求めの際にご確認下さい。



ご注文は電話かメールでお伺い致します。ご希望日までに余裕を持ってご注文下さい。

HPに載せている植物、鉢は店頭で売れてしまったものも含みます。
お取り寄せに時間がかかる場合もございますのであらかじめご了承くださいませ。


HPに載せられていない植物、鉢も店頭にたくさんございます。
ご要望に近いものをご提案させていただきます。買い求めの際にお気軽に何でもご相談下さいませ。

※表記の高さは床からの高さです。幅は植物の最大幅です。
※写真のポット(鉢カバー)は当店のコーディネート例です。他のカバーとの組み合わせや単品でもお買い求め頂けます。
1 2 3 4 5 6 25

観葉植物の選び方

p01_erabikata01

観葉植物は基本的に屋内で管理するものです。
まずは、どこに飾りたいかを考え、高さや横幅をイメージしてみて下さい。
また、観葉植物は成長すると横に広がるものなどもあります。
ソファーやTVの横などに置く場合はそうした想定も必要です。
環境により育ち方は異なりますので、設置場所や環境を併せてお気軽にご相談下さい。

p01_erabikata02

観葉植物は、太陽光を好むものとそうでないものがあります。
人間でも日焼けすると火傷になってしまう方がいるように、植物でも直射日光で葉が焼け枯れてしまう種類があります。
そのため、飾りたい場所の日照環境をきちんと考えて選ぶと、葉は美しく健やかに育ち、長く観葉植物を楽しむ事が出来ます。

p01_erabikata03

観葉植物の多くは熱帯地域に自生する植物ですので、日本の寒い冬が苦手です。
外出中や就寝後の深夜などは特に冷えやすくなりますので、越冬時に室内の最低気温が低くなりがちな方は、寒さに強い種類を選ぶ事も大切です。
種類によっては氷点下でも大丈夫なものもありますのでお気軽にご相談下さい。
なお、夏場でもクーラーの風が直接あたっていたなどで弱ってしまうケースがありますのでご注意下さい。

※選び方以外のポイントはこちらをご覧下さい>『観葉植物よくある質問』